記事


人生の三角波シリーズ ある人生の記録
20世紀後半、世界的な経済学者として英国の名門大学で教授職を務められた森嶋通夫氏。私が森嶋さんを知ったのは学生時代、同氏の著書を読んだのがきっかけだった。 毎日の忙しさに森嶋さんのことは記憶の彼方にあったが、約2年前にあるレセプションで森嶋さんの奥様、瑤子さんと出会ったことから再び同氏の在りし日の活躍に思いを馳せるようになった。 森嶋氏の人生の三角波を瑤子さんからお聞きする、全6回シリーズ。
人生の三角波シリーズ 人間到る処 青山あり
鉄道のレールは前に伸びているが、目の前が崖だったら? ときには崖のような困難を飛び越えつつ、文字通りシベリア横断鉄道を使って 英国にやって来たフォト・ジャーナリストの加藤節雄さん。 「フリーランスの仕事は決して『フリー』な状況ではないですよ」― 1970年代からフリーのジャーナリストとして英国で活躍する 加藤さんの半生の紆余曲折を振り返る。全5回シリーズ。
人生の三角波シリーズ  「心の怪我」に優しいヒプノセラピー
社会はいつの時代も複雑。私たちはその中で、常にストレスにさらされながら毎日の生活を送っています。今回は10回にわたり、「心の怪我」をされた方にヒプノセラピーを提供しているメンタルヘルス・ヒプノセラピストのアシュリー・ウイルソン寛子さんにお話を伺います。
今月のLegalトピック
この記事はフィリップ・ロス法律事務所から提供されています。
人生の三角波シリーズ
異文化コンサルタントのパニラ ラドリンさんには日英の文化の違いのいくつかに焦点を当ててにお話を頂きました。 ビジネスマンの鶴見道昭さん(前欧州ソニー社長)にはグローバル企業での体験、そしてご自身が癌に罹病されたときの心の持ち方、英国での治療ついてお話し頂きました。 中田浩一朗弁護士には職場で起きる様々な事柄を中心に法律家の観点から語っていただきました。
コミュニケーション 第3の道
夫婦や親子といった家庭内または職場ー様々な人間関係をかたち作るベースは「コミュニケーション』です。今回から10回にわたり、私たちが普段気付かずにいる効果的なコミュニケーション方法について、学校や企業で多数の研修に携わってこられた松浦留美子さんにお話を伺っていきます。
その時お役に立ちます人材紹介サービス!
2015年2月より時事ニュース速報版(英国、欧州)に人材採用企業さんと人材紹介会社との実際のやり取りのライブコミュニケーションの数々をストーリーとしてご紹介させていただきます。
ビザに関する重要な法改正 (Right to Work Checks)
就労に関して英国政府から発表された新ルールを随時ご紹介します。